FXで儲けることはできるのか。ほとんどの人が負ける理由と失敗談。

  • 2019年6月8日
  • 2019年11月5日
  • 投資

FXは9割の人が負けている。

FXは9割の人が負けると言われています。私も2007年頃にもFXをやっていたのですが、結果は散々でした。

友達にもその話をしたら、友達も同じ時期にFXをやっていたようで、ボコボコにやられていたそうです。上がるか下がるかの二分の一なのに、なぜみんな負けてしまうのか不思議に思いました。

その負ける原因と、勝つためにはどうすればいいか、私が体験したことを書いていきます。

損することを恐れて損失を大きくしてしまう 。

FXを始めた人は、「儲けたいから」「資産を増やしたいから」という目的で始められた人がほとんどだと思います。私もそうでした。

人は、損をしたくないのはあたりまえで、損をすると誰でも苦痛を感じます。

エントリーをしてから、相場が反対方向に動いてしまうと、含み損になってしまいます。そこで損切りをすれば、損失が確定し、それ以上損失が大きくなることはありませんが、その後、相場が元の方向へ動いたとしても、確定した損失は戻ってきません。

人は、損をしたくないという本能があるので、損失を確定(損切り)出来ない人が多いと思います。実際に耐えて待っていると運良く戻ってくれることもあります。

しかし、それを繰り返して損切りしないでいると、損失が想定よりも2倍、5倍と、どこまでも損失が膨らんでいって、どうしようもなくなる時がいつか必ず来ます。

そのまま損失が10倍まで膨らんで、結果、大損失になってしまうこともあります。大損失を抱えることは、誰でも苦痛に感じるので、早く取り戻したいと考えてしまいます。

損失を短時間で取り戻すには、大きなロットを張らないと取り返せないので、今度は大きなリスクをとってしまいがちになってしまいます。

このように、状況下において、正常な判断ができなくなり、大きなリスクをとってしまうことは、心理学でもプロスペクト理論と呼ばれていて、損失の苦痛から早く解放されたいという人間の本能が、崩壊を招いてしまう行動を導いてしまうのです。

最終的には口座の資金を全部飛ばしてしまい、退場となってしまう人が多いのは、みんな儲けたい、損はしたくないと思ってトレードしてしまうからです。

実際にFX稼いでいる人は存在します 。

Twitterなどを見ていたら、自身の成績を公開して、稼いでいる人たちも確かに存在します。

なぜ稼げるのか 。

もともと物事を見る角度が違っていて、トレードに合っている人や、もともとセンスのある人も居ます。しかし、そういった人はわずかしかいません。

ほとんどは、最初は負けまくっていたけれど、何年も辞めずに勉強して改善を続けて稼げるようになっている人たちです。稼げるトレーダーになっている人は、努力をされています。

勉強すれば稼げるようになるか 。

FXで利益を得るためには、勉強は必要です。私も色んな書籍を読んだり、教材を買ったり、サロンに入ったりもしました。

しかし、小手先の知識だけで利益を得るのは難しいことがわかりました。ただ、勝率が上がった感覚はつかめてきたので、継続して練習していけば稼げるようになっていくと思います。

また、「この手順のとおりにするだけで儲かる」という単純なものではないということもわかりました。

よく、この手法・ツールを買えば資金がすぐに10倍になります。というようなキャッチコピーで情報商材が売られていたりするのも見かけますが、そんな簡単で、魔法のようなツールや必勝法は存在しません。

ゲームやスポーツでも、攻略本を読んだり、ルールを勉強しただけでは、すぐに上手くできないし、例えば、野球を勉強しただけで、プロ野球選手になれないのも当然で、それは、FXも同じだと思います。

FXで 利益が得られるようになるためには 。

FXで利益を得るためには、ルールのとおりに的確に利益確定と損切りを繰り返して、永続的に利益を取っていくことが基本です。

そのためには、勝てる方程式を確立させて、そのルールを守ることが大切です。

「こうすれば利益が取っていけるのではないか」という仮説をたてて、検証をします。検証は、デモトレードでも出来ますが、シミュレータソフトを使うと、スピードが調整できるので、短時間で一日分とか、一ヶ月の検証ができます。

実際のお金でトレードをやる場合も、最初のうちは、大きな資金を張らずに、最小単位で練習したほうが冷静な判断が出来ます。

手法が確立出来て、安定して利益が出せるようになってから、少しずつ単位を上げていくことをおすすめします。

最後に 。

FXで利益が得られるようになるためには、練習と継続が必要です。

FXは、成功すれば普通の人から億万長者になれる可能性のある方法の一つでもあります。

但し、ルールなしでやると、それは、ただのギャンブルになってしまいますし、高い確率で資金を失います。