ABOUT

こんにちは。Keiと申します。

IT関係の仕事をしながら、ブログを運営しています。

趣味は、IT関係、家電、乗り物、お出かけ、DIY、便利アイテムや、世の中の情報収集です。

このブログでは、アフィリエイトや投資などのビジネスのことや、趣味や日常のことなど、他にも私の得意な分野の有益な情報を発信していきます。

過去の経歴 。

2006年に副業アフィリエイトで月収20万円以上を達成→スキルアップで外資系IT企業に転職→アフィリエイト休止→リーマンショックによる部署解散により非正規で転職→正社員になるが将来に不安を感じ、個人でも稼ぐ力が必要と思うようになる→投資を始め、アフィリエイター復活を目指してブログを始める。

2004年から副業で、3つのホームページを運営し、アフィリエイターをやっていました。

  • ネットでお金を稼ぐための情報サイト
  • Amazonの商品を紹介するサイト
  • SEOを支援するサイト

2006年頃には、アフィリエイトの月収が20万円以上まで伸び、扶桑社から取材を受けて、 SPA!の創刊号に掲載していただいたこともありました。

同年に、外資系のIT企業へ転職して、給料の収入が2倍になったことと、仕事が楽しすぎて、こんなに楽しい経験をさせてもらいながら勉強もさせてもらって、給料までもらえてしまうのかと思えてしまう環境で、ホームページの更新が減ってしまい、そのまま長い間アフィリエイトは休止していました。

しかし、2008年にあったリーマンショックの影響を受けて、私が勤めていた部署が解散になり別の会社へ転職し、そこでは非正規の期間も長かったので収入は大幅に減りました。

そして、今もその会社で勤めています。正社員になりましたが、人事制度からしても夢があるとは言えない環境です。

ブログを始めたきっかけ 。

2018年初旬に、仮想通貨の大暴落のニュースを見て興味を持ち、宝くじ感覚でNEM(ネム)という通貨を買いました。

暴落後の安い値段で買えたと思っていたのですが、そこから更に下落して、残念な結果になりました。

しかし、仮想通貨がきっかけで、 Twitterを見るようになり色んな投資家の人たちや、起業家の人たちの話に関心を持つようになりました。そして、人の生き方や考え方の本も読むようになりました。

そして、世の中のことや、お金についての考え方などを勉強させてもらって、私はこのままではマズいと思うようになりました。

終身雇用は崩壊していますし、大手に勤めても一生安泰は難しい時代です。

今私が勤めている会社も、誰もが知っている大きなグループの会社です。 何があるかわかりませんが、そう簡単には倒産はしないと思います。しかし、会社が大丈夫でも、本人が潰れてしまうことだってあります。

今の会社は社員が数千人在職している会社なので、分母が大きいこともあって色んな人が居ます。メンタルで休職している人も沢山居ますし、辞めてしまう人も沢山居ます。

優秀で昇りつめたけど役員や経営メンバーが変わり、考えが合わず人間関係で辞めていった人たちや、会社の方針や未来に失望して辞めていった人たちも沢山見てきました。(このケースの場合は、ヘッドハンティング少なくはありませんが。)

私もこの先何があるかわかりませんし、このままですと今は生活はできているものの、普通に定年まで働いて普通の人生で終わってしまうか、何かあって職を失って転落するか、普通かマイナスかの将来しかないので、個人で稼ぐ力も必要だと思うようになりました。

それに、今の私の会社では給料が上がらないことに不満を言う人も多いです。しかし、不満を言っても何も変わらないので、転職するか、起業や副業をして自分が行動しないと、不満のままで一度きりの人生が終わってしまいます。

投資を始めていくつか株を保有し、せっかくサイト運営の経験と知識もあるので、アフィリエイトも再開することにしました。

このグラフは私のアドセンスの収益グラフです 。

まるでビットコインのチャートのようです。

サイトに収益が出るようになっても、更新せずに放っておくとこのように収益がどんどん下がっていきます。

ある時から収益が0円になっていた時期もありました。これはアドセンスの規約が変わって、私のサイトが新しいルールに沿っていなかったようで、広告配信停止(BAN)されていた期間です。

長い間気づかず放置していましたが、Googleへ連絡してアドセンスは復活しています。

アフィリエイター復活を目指しながら、このブログでノウハウなども発信していきたいと思います。

運営者情報
Kei
https://linksquare.net

プライバシーポリシーについては「プライバシーポリシー」のページをご覧ください。

お問い合わせは、「お問い合わせフォーム」よりお願いいたします。