スマホのケース選びに迷ったらSpigenがおすすめです。

新しいスマホを買うとケース選びに迷います。個人的にはSpigenのケースがおすすめです。前のiPhoneの時に、口コミも良かったので選んだのですが、すごく良かったので、それからはSpigen一択です。

Spigen =スパイゲンではなく、シュピゲンと読むそうです。

今回、新しいiPhone 11 Proを買った時も、iPhone本体の発売前からケースが売られていたので、先に買っていました。

選んだのはSpigenのタフアーマー。

iPhone 11 Pro MaxとSpigenのタフアーマー

大切なiPhoneを守ってくれます。

Spigenのケースにも、色々種類があるのですが、いつも買っているのはタフアーマです。今回も、タフアーマのブラックを購入しました。 名前からしても強そうです。

タフアーマは、Spigen製品の中でも、最も優れた衝撃吸収力を持っていて、万が一固いアスファルトなどに落としてしまっても、大切なスマホを破損から守ってくれます。前のiPhoneも、うっかり2回アスファルトに落としてしまったことがあるのですが、ケースもiPhoneも無傷でした。通常であれば落とした瞬間に、パーンと痛々しい音がしますが、このケースを付けていると、衝撃が吸収されて音がしませんでした。

簡単に傷がつかない不思議な素材です。

前のiPhoneでも長く使っていて驚いたことは、このケース自体に簡単に傷がつかないし剥げないです。今までのケースは、長年使っていくうちに角の塗装が剥げてきたり、全体的に細かい傷が付いていきましたが、このタフアーマは不思議なくらい傷がつきません。 コーナーとインナーは衝撃吸収性のあるTPU素材が使われていて、背面は固いポリカーボネートの板で補強されています。TPUは、ハードな環境で使われる高級な電動ドライバードリルのボディにも使用されている素材です。

エアクッションテクノロジー 。

Spigenのタフアーマー

ケース内側の写真です。角にエアクッションテクノロジーと書かれています。角に空洞を設けて、衝撃を和らげる仕組みです。

iPhone 11 Pro Maxに装着した状態 。

iPhone 11 Pro MaxにSpigenのタフアーマーを装着

正面は全面が真っ黒になるので何色のiPhoneかわからなくなります。

真ん中のAppleロゴが見えるように穴があります。

iPhone 11 Pro MaxとSpigenのタフアーマー Appleロゴ

裏はアップルのロゴが見えるようになっています。iPhone 11 ProはAppleのロゴがあまり目立たないので、写りやすい角度から照明を当ててます。

映画鑑賞やゲームするときにに便利なキックスタンド。

iPhone 11 Pro MaxとSpigenのタフアーマー キックスタンド

裏にキックスタンドが付いているので、机の上に立てて動画や映画鑑賞が出来るようになっています。

また、iOS13からプレイステーションのデュアルショック4と、ペアリングできるようになったので、卓上にiPhoneを立てて、ゲームパッドでゲームも出来ます。

お手頃価格でコストパフォーマンスも良いです。

これだけの性能で、値段も2,000円前後と、非常にお手頃なのに全く安っぽさがなく、クオリティが高く、非常にコストパフォーマンスの高いケースです。

他にも、Spigen製品でクリアのタイプや、もっとスリムなタイプもあります。

もしも、ケース選びに迷ったら、Spigenのスマホケースを検討してみてはいかがでしょうか。

Spigenのスマホケース