TB-04のギヤを金属にしてギヤ欠け対策。

TB-04のマイターギヤが欠けやすい。

TB-04でギヤ欠けがしやすいと言われているマイターギヤですが、金属製の物があると聞いたので交換してみました。

マイターギヤはスパーギヤからシャフトドライブへ動力を伝えるベベル状のギヤです。

私のTB-04のギヤは欠けていませんでしたが、確かに前後のタイヤの動力全てがここに加わるので、負担も大きそうです。

タミヤの純正で同形状の金属製のギヤが存在。

見つけたのがこれです。

タミヤ純正のアフターパーツで、パーツ番号は、19804570。

タミヤのBD02やTD4のバギータイプのシャーシに付いている物のようですが、TB-04のマイターギヤと形状が全く同じです。

早速取り替えてみる。

同形状なのでそのまま取り替えるだけでいけます。ギヤは4枚入っていますがTB-04では2枚だけ使いますので、残りはスペアーとして置いておけます。

シャーシにセットするとこんな感じで強そうになりました。

走らせてみた感じ。

樹脂製のギヤに比べて動力がダイレクトに伝わるせいか、フィーリングは少し荒々しく、良いように言えば力強い感じになり、ギヤ音はうるさくなりました。ギヤケースのネジの締め付け具合でも、ギヤの素材に関係なくギヤ音が変わるので、締め付けを調整をしてみたりしたのですが、やはり樹脂製のギヤよりもうるさいです。

サーキットメインで使用するなら音よりも、耐久性やフィーリングの好み重視の方が良いと思いますが、家で静かに遊びたい場合には樹脂製のほうが良いかもしれません。

最終的には樹脂製の強化タイプで使用していますが、ギヤ欠けで悩んでいる方や、チューンアップの参考になればと思います。