マジェスティSのタイヤ交換。2回目の交換です。

マジェスティSを買ってから、2回目のタイヤ交換をしました。

マジェスティSのタイヤ交換履歴。

メーカー
名前
ODO走行距離走った距離期間
KENDA
純正
0~13300km13300km11ヶ月
ダンロップ
スクートスマート
13300~3917025870km2年6ヶ月
IRC
モビシティー
39170~

最初のKENDAのタイヤは、マジェスティSを新車で買った時に最初から付いているタイヤになります。評判どおり減りが早く、一万キロを超えたあたりからスリップサインがそろそろかなーという感じでした。

そして、最初に交換したタイヤは、ダンロップのSCOOTSMART(スクートスマート)というタイヤです。最初のタイヤよりも2倍近く長持ちしました。

25000kmくらいで、リヤにスリップサインが出てきました。フロントはまだ溝が残っていましたが、どちらもゴムが固くなってきて滑りやすくなってきてたので、前後ともに交換しました。

取り外したダンロップタイヤ(前輪)
取り外したダンロップタイヤ(前輪)
取り外したダンロップタイヤ(後輪)
取り外したダンロップタイヤ(後輪)

マジェスティSのタイヤサイズ。

  • 前輪:120/70-13 MC 53P
  • 後輪:130/70-13 MC 57P

後輪用の一般的な130/70-13のサイズのものは「63P」です。

同じサイズで型番の最後の「57P」と「63P」の違いは?

ダンロップの照合表を見ると、リヤの型番の最後の「57P」はマジェスティS用にラインアップされているようですね。

これは何を表しているかというと、2桁の数字は最大荷重を表していて、最後のアルファベットは耐えられる最高速度を表しています。

具体的な数字でいうと。

  • 130/70-13 MC 57Pは、最大荷重が230kg
  • 130/70-13 MC 63Pは、最大荷重が272kg

そしてどちらも耐えられる最高速度はアルファベットが「P」なので時速150kmです。

メーカーの設計のとおりに「57P」を選びました。

マジェスティSのタイヤを交換して違和感が無くなった話。

マジェスティSを新車で買った時から気になっていたのが、私のマジェスティSは直進中になぜか重心が左側に行く感じで、力を抜くと勝手に左方向へ寄ってしまう状態でした。

最初はタイヤが原因とは知らず、前に乗っていたシグナスXでもリヤキャリアを付けた時に、同じ現象を経験したことがあるので、キャリアのせいかそれともマジェスティSの車体がこういうものなのかなと諦めて乗っていました。

長時間乗ると背筋が突っ張ってしんどいバイクだなーと思ったこともありました。しかし、タイヤを交換してから真っ直ぐ走ってくれるようになったのです!

違和感はタイヤが原因だったのです。しかし、他でそういった話は聞かないので、たまたま私のKENDAのタイヤのアタリが悪かっただけかもしれません。

タイヤの違いでこんなに走りが変わるのか!と思いました。

2回目のタイヤ交換は、IRC TIRE MOBICITY モビシティというタイヤ。

ダンロップのスクートスマートも気に入っていましたが、今回はスクートスマートの在庫が無かったのでこちらにしました。

リヤもマジェスティS用の「57P」が無かったので、今回初めて「63P」を付けました。おそらく強度が違う分、重量が若干大きいと思うので心配で店員さんに聞いてみましたが、「レースしないならそんなに違いは分からないはず。」とのこと。

IRC TIRE MOBICITY モビシティ後輪

溝の形もスクートスマートと若干違います。

IRC TIRE MOBICITY モビシティ前輪の溝
IRC TIRE MOBICITY モビシティ 前輪
IRC TIRE MOBICITY モビシティ後輪の溝
IRC TIRE MOBICITY モビシティ 後輪

今日タイヤを変えたばかりなので、これから普段乗りや高速道路の走行で感じたことをまたインプレします。